カカオトークの運営ポリシー

本運営ポリシーは、(株)カカオが提供する「カカオトーク」サービスを運営するにおいて、カカオの運営ポリシーを違反する場合及びサービス内部から報告が累積される場合に提供されるカカオトークサービスの利用制限の種類が規定されています。カカオトークサービスを利用する中でカカオ運営ポリシーを守らない場合は、以下の不利益を被る恐れがありますので、注意深くお読みください。

カカオは、カカオトークサービスに関連するポリシーを改善するために、顧客と持続的な意見交換をすることで合理的な運営ポリシーを定めるために努力しており、その場合は最低7日前にサービスのお知らせから公知いたします。

カカオトークサービスの利用制限の種類

カカオトークの運営ポリシーは、カカオの運営ポリシーに基づいています。カカオの運営ポリシーの<サービスの利用制限事由に該当する活動>に該当する場合及びサービス内部から報告が累積される場合、又はサービスの正常的な運営を妨害したり、他人に被害を誘発する方法でサービスを利用するとカカオが判断する場合は、カカオトークサービスが一時的、又は永久的に次のように制限されることがあります。

[検索/表示の制限]

カカともかもリストから除外されたり、ご本人が作成したトークルーム及びカカオトークID等が検索結果に表示されないことがあります。尚、カカオトークのプロフィール画像がサービスの基本画像等ご本人が設定したものと異なるものが表示されることがあり、ポスト及びオープントークルームのカバーの表示が制限されることがあります。

[メッセージ送信/ポスト作成の制限]

特定、又はすべてのトークルームからメッセージの送信及びポスト/コメントの作成が制限されることがあります。

[トークルームの利用制限]

トークルームの新規作成、利用者の正体、既存のトークルームに参加等トークルーム内の機能の一部、又はすべての利用が制限されることがあります。この場合、カカオトークのその他のサービスも利用が制限されます。

[カカオトークサービスの利用制限]

カカオトークサービスの起動を含むカカオトークの一部、又は全体のサービスに対する利用が制限されることがあります。この場合、カカオトークのその他のサービスも利用が制限されます。

利用の制限は、違反活動が累積される程度及び強度によって一時的、又は永久的に制限されます。尚、健全なサービス環境の提供に悪影響を及ぼす場合は、カカオサービスの利用約款及びカカオの運営ポリシーに基づき上記の項目に具体的に挙げられていない方法で利用が制限されることがあります。

利用制限に対する異議申し立ては、カカオの顧客センターからいつでも申請することができます。

本カカオトークの運営ポリシーに規定されていない内容は、カカオの運営ポリシーに従います。