정책 본문

カカオ統合サービス約款

他の約款を見る

第1章ようこそ!

第1条(目的及び定義)

株式会社カカオ(以下、「会社」)が提供するサービスを利用して頂き誠にありがとうございます。会社は皆様が会社の提供する多様なインターネットとモバイルサービス(カカオサービス、Daumサービス、Melonサービス等を意味し、以下の該当サービスをすべて合わせて「統合サービス」、又は「サービス」という)をより身近で便利に利用できるように「カカオ統合サービス約款」(以下、「本約款」)を作成しました。皆様は本約款に同意することで統合サービスに登録し、統合サービスを利用することができます。但し、皆様は会社ではない系列会社を含む第三者の提供するサービス(例:(株)カカオモビリティの提供するKakao T タクシーサービス)に登録されることはなく、会社の提供する有料サービス(例:Melon有料サービス)の場合、皆様が別途の有料利用約款に対する同意時に会社と皆様の間の有料サービスの利用契約が成立します。しているため、お時間を割いて頂き、注意深くお読みください。

  • カカオサービス:KakaoTalk、KakaoStory等会社がkakao(カカオ)ブランドを使用して提供する全てのサービス(但し、サービス名称に「カカオ」が使用される場合も会社ではないカカオ系列会社から提供するサービス(例:Kakao T タクシーサービス)は、本約款のカカオサービスに含まれません。
  • Daumサービス:会社が提供するDaum(ダウム)ブランドを使用するサービス(例:Daumポータルサービス)
  • Melonサービス:会社が提供するMelon(メロン)ブランドを使用するサービス(例:Melonサービス)
  • 個別サービス:統合サービスを構成するカカオサービス、Daumサービス、Melonサービス等ブランド単位のサービスをそれぞれ意味する
  • 細部下位サービス:個別サービスを構成する個別サービス内の細部下位サービスを意味し、例えば各個別サービス内の有料サービス、カカオサービス内のKakaoTalkサービス、Daumサービス内のカフェ、メール等のサービス、Melonサービス内のMelonチケットサービス等を意味する
第2条(約款の効力及び変更)
  • 本約款の内容は、カカオアカウントのウェブサイトや個別サービス画面に掲示したり、その他の方法で周知し、本約款に同意した全ての皆様にその効力が発生します。
  • 会社は、必要な場合に関連法令に違反しない範囲で本約款を変更することができます。本約款が変更される場合、会社は変更事項を実施日の15日前から皆様にサービスのお知らせから公知、又は通知することを原則とし、やむを得ず皆様に不利な内容に変更する場合は、その実施日の30日前からカカオアカウントに登録されたEメールアドレスにEメール(Eメールアドレスがない場合は、サービス内の電子メッセージの送信、サービス内の通知メッセージの送信等の別途電子的手段)を送信、又は皆様が登録した携帯番号にKakaoTalkメッセージやSMSを送信する方法等から個別的にお知らせ致します。
  • 会社が前項に基づいてお知らせや通知をするに当たり、お知らせ日、又は通知日から改正約款実施日の7日後まで拒否意思を示さない場合は承認するものとするという旨を明確に告示したにもかかわらず、皆様からの意思表示がない場合は、変更された約款を承認したものとします。
  • 皆様は変更された約款に対して拒否意思を表示することで利用契約の解約を選択することができます。Melonサービス内の個別有料利用権の解約効力に関連してはMelon有料サービス約款の関連条項の内容に従います。
  • 本約款は、皆様が本約款に同意した日から本約款第13条に基づく利用契約の解約時まで適用することを原則とします。但し、本約款の一部条項は利用契約の解約後にも有効に適用されることがあります。
第3条(約款外準則)

本約款に規定されていない事項に対しては関連法令、又は統合サービスを構成する個別サービスの運営ポリシー及び規則、個別サービス内の細部下位サービスの利用約款、カカオ運営ポリシー及び規則等(以下、総称して「細部指針」)の規定に従います。また、本約款と細部指針の内容が衝突する場合、細部指針に従います。

第2章 統合サービスの利用契約

第4条(契約の成立)
  • 統合サービスに登録するためには、カカオアカウントが必要です。カカオアカウントがない場合は、カカオアカウントを先に作成してください。
  • カカオアカウントの利用契約は、皆様が本約款の内容に同意して本条第1項の定める利用申請を行いますと、会社が入力された一定の情報を認証後に登録を承諾することで締結されます。
第5条(統合サービス登録の制限)
  • 第4条による登録申請者に会社は原則的にカカオアカウント利用を承諾します。但し、会社は以下の各号の場合にその事由が解消されるまで承諾を留保したり、承諾しないことがあります。特に、皆様が満14歳未満の場合は、ご両親等法定代理人の同意がある場合のみカカオアカウントを作成することができます。
    • 1.皆様が他の人の名義やEメールアドレス等の個人情報を利用して統合サービスに登録しようとした場合
    • 2.統合サービスの提供設備容量に現実的な余裕がない場合
    • 3.統合サービス提供のための技術的な部分に問題があると判断される場合
    • 4.その他会社が財政的、技術的に必要だと認める場合
    • 5.会社から烏合サービスの利用停止措置等を受けた会員がその措置期間に統合サービスの利用契約を任意に解除し、再利用を申請する場合
    • 6.その他関連法令に違反したり、細部指針等会社が定めた基準に反する場合
  • もし、皆様が上記の条件を違反して統合サービスに登録したと判明された場合、会社は即時皆様の統合サービスの利用を停止したり、カカオアカウントを削除する等適切な制限を行うことがあります。

第3章 統合サービス利用

第6条(多様なサービスの提供)
  • 統合サービスの利用契約が成立すると、皆様は統合サービスを構成するカカオサービス、Daumサービス、Melonサービスを皆様が希望する時に事由に利用することが可能であり、個別サービスに対する別途の利用契約を締結する必要はありません。
  • 但し、統合サービス内でも一部の細部下位サービスの場合は利用約款に同意後に利用が可能であり、必要な追加情報を記載したり、Eメールアドレスの承認、又はSMS認証等の会社が定めた認証手続きを完了後にサービスを利用することができます。Melonサービスの場合も初回ログイン時点に国内専用の携帯電話認証手続きを完了後にサービスを利用することができます。
  • 皆様は統合サービスに登録後もいつでも統合サービスを構成する個別サービスないしは細部下位サービス画面、又はメニューで提供する機能を利用して該当個別サービス、又は細部下位サービスの利用を終了することが可能であり、その場合は、関連法令で定めているように一定期間保管する必要のある情報を除いては該当サービスの利用記録、皆様が作成した掲示物等の全てのデータは即時削除処理されます。但し、皆様が作成した掲示物が第三者によりスクラップ、又は他の共有機能で掲示されたり、皆様が第三者の掲示物にコメント等の掲示物を追加する等の場合は、該当掲示物及びコメントは削除されないため、必ず利用終了前に削除してください。個別サービス、又は該当サービスの再利用を制限されることがあるという別途の案内がある場合は、該当の案内に従い、該当サービスの再利用に一定時間制限されることがあるという点に留意してください。
  • 前項による個別サービス、又は細部下位サービスの利用終了は、該当個別サービス、又は細部下位サービスの利用終了のみを意味し、統合サービスを構成する他のサービスの利用が終了されることはありません。皆様が統合サービス全体の利用を終了したい場合は、本約款第13条で定めるように統合サービスの利用契約を解約する必要があります。
  • 会社は皆様にSNS、掲示板サービス、オンラインコンテンツの提供サービス、位置基盤サービス等皆様がインターネットとモバイルで楽しめる多様なサービスを提供します。皆様はスマートフォンのアプリケーションストア等からサービスをダウンロードしてインストールしたり、直接PCに設置、又はウェブページに接続してサービスを利用することができます。しかし、会社は皆様が希望する多様なサービスを別途でお知らせするほかありません。何卒このような会社の事情をご理解頂き、会社も個別的なサービスの利用方法をアプリケーションストアと各サービスのQ&Aセンター、該当案内及びお知らせからより詳細に案内致していますので、いつでもご確認ください。
  • 会社は皆様が統合サービスを思う存分利用できますようにそれに必要なソフトウェアの個人的かつ全世界的で譲渡不可能であり、非独占的な無償のライセンスを皆様に提供致します。但し、会社が皆様に会社の商標及びロゴを使用する権利を付与するのではない点はお忘れないでください。
  • 会社はより良い統合サービスのために統合サービスに必要なソフトウェアのアップデートバージョンを提供することができます。ソフトウェアのアップデートには重要な機能の追加、又は不要な機能の除去等が含まれています。皆様も統合サービスを楽しく利用できますように持続的にアップデートしてください。
  • 会社はより良い統合サービスを提供するために皆様に統合サービスの利用に関連する各種の告知、管理メッセージ及びその他の広告をはじめとする多様な情報を統合サービス内に表示したり、皆様のカカオアカウント情報に登録されている連絡先に直接送信することがあります。但し、広告性情報の送信の場合は、事前に受信に同意した場合のみ送信します。
  • 統合サービスのご利用の際にシステムエラー等の問題点にお気づきの場合は、いつでも顧客センターにご連絡ください。
  • 皆様が統合サービスを利用する過程でWi-Fi無線インターネットを使用せずに、登録した移動通信キャリアの無線インターネットに接続して利用する場合は、移動通信キャリアから皆様に別途のデータ通信料金が課金されることがある点をご留意ください。統合サービスを利用する過程で発生するデータ通信料金は、皆様が皆様の費用と責任の下で移動通信キャリアに納付する必要があります。データ通信料金に対する詳細な案内は、皆様が登録した移動通信キャリアにお問い合わせください。
第7条(統合サービスの変更及び終了)
  • 会社はカカオアカウントサービスを365日24時間休まずに提供するために、最善の努力を尽くします。但し、以下の各号の場合は、カカオアカウントサービスの全て、又は一部を制限したり、中止することがあります。
    • 1.統合サービス用設備の維持・補修等のための定期、又は臨時点検の場合
    • 2.停電、諸般設備の障害、又は利用量の激増等から正常的なカカオアカウントの利用に支障が生じた場合
    • 3.関係会社との契約終了、政府の命令/規制等会社の諸般事情からカカオアカウントサービスを維持できない場合
    • 4.その他の天災地変、国家非常事態等の不可抗力的な事由がある場合
  • 前項による統合サービス中断の場合は、予め第17条で定めた方法で皆様に通知、ないしはお知らせ致します。但し、会社も予測できない場合やコントロールできない事由(会社の過失によるものではないディスクやサーバーの障害、システムダウン等)から事前の通知やお知らせが不可能な場合にはこの限りではありません。そのような場合も会社が状況を把握する次第、できる限り早期にサービスを復旧できるように努力します。
第8条(掲示物の管理)
  • 皆さんの掲示物が情報通信網の利用促進及び情報保護等に関する法律(以下、「情報通信法」及び著作権法等の関連法令に違反する内容を含む場合、権利者は会社に関連法令が定める手続きに従い、該当掲示物の掲示の中断及び削除を要請することが可能であり、会社は関連法令に基づいて措置を取ります。
  • 会社は権利者の要請がない場合も権利侵害が認められる事由があったり、その他会社のポリシー及び関連法令に違反する場合は、関連法令基づいて該当掲示物に対する臨時措置を取ることができます。
  • 上記に関連する細部手続きは、情報通信網法及び著作権法の定める範囲内で会社が定めた 権利侵害の申告手続き に従います。
第9条(権利の帰属及び著作物の利用)
  • 皆様は写真、文章、情報、動画、統合サービス、又は会社に対する意見や提案等のコンテンツ(以下、「掲示物」)を統合サービス内に掲示することが可能であり、このような掲示物に対する著作権を含む知的財産権は当然権利者が継続して保有します。
  • 皆様が統合サービス内に掲示物を掲示する場合、該当掲示物が統合サービスに含まれる個別サービスに露出されることがあり、それに必要な範囲内で使用、保存、修正、複製、公衆送信、展示、配布等の形で利用できるように使用を許諾する全世界的なライセンスを会社に提供することになります。再度申し上げますが、本ライセンスで皆様が会社に付与する権利は、統合サービスを運営、改善、広報して新しいサービスを開発するための範囲内で使用されます。一部の個別サービスでは皆様が提供したコンテンツにアクセスしたり、それを削除する方法を提供することができます。また、一部サービスでは提供されたコンテンツに対する会社の使用範囲を制限する設定があります。
  • 皆様は会社に提供したコンテンツに対して会社にライセンスを付与するために必要な権利を保有する必要があります。このような権利を保有せずに発生する全ての問題については掲示者が責任を負うことになります。また、皆様はわいせつ的あったり、暴力的なその他の公序良俗及び法令に違反するコンテンツを公開、又は掲示することができません。
  • 会社は皆様のコンテンツが関連法令に違反したり、わいせつ、又は青少年に有害な掲示物、差別や葛藤を助長する掲示物、繰り返し大量の掲示物や広告・広報・迷惑性掲示物、アカウントを譲渡、又は取引する内容の掲示物、他人を詐称する掲示物等と判断される場合は、それを削除したり、掲示を拒否することができます。但し、会社が全てのコンテンツを検討する義務があるのではありません。誰かが皆様の権利を侵害した場合は、顧客センターから掲示の中断要請に対するご案内を致します。上記に関連する具体的な基準及び利用制限の手続きの内容はカカオ運営ポリシーから確認することができます。
  • 統合サービスでは会社が保有していない一部コンテンツが表示されることがあります。そのようなコンテンツについてはコンテンツを提供した主体が単独で全ての責任を負担することになります。皆様が統合サービスを利用する場合も他の利用者のコンテンツに対してある種の権利を持つのではありません。皆様が他の利用者のコンテンツを使用するためには、コンテンツの所有者から別途で承諾を得る必要があります。
第10条(有料サービスの利用)
  • 統合サービスを構成する個別サービスの大部分は無料で提供していますが、個別サービス内の一部の細部下位サービスは有料で提供されることがあります。例えば、KakaoTalkで友だちと無料でメッセージのやり取りができますが、一部のスタンプは有料で購入した後に友だちに送信することが可能であり、Daumメールは無料で利用することができますが、プレミアムメールは有料で利用することが可能であり、Melonの場合はアーティスト情報の検索、リアルタイムの音源順位などの情報の確認は無料で利用することができますが、1分以上の音源を聞く等は有料の商品を購入後に利用することができます。
  • 皆様が会社の提供する有料サービスを利用する場合、利用代金を支払った後に利用することを原則とします。会社が提供する有料サービスに対する利用料金の決済方法は、携帯電話決済、クレジットカード決済、一般電話決済、銀行振込、口座振替、先払い電子支払い手段の決済等があり、各有料サービス毎に決済方法に違いがあることがあります。毎月の定期的な決済が行われるサービスの場合、皆様個人が該当サービスの利用を中断して定期決済のキャンセルを要求しない限り毎月決済が行われます。
  • 会社は決済の履行のために、必ず必要な皆様の個人情報を追加的に要求することが可能であり、皆様は会社が要求する個人情報を正確に提供しなければなりません。
  • 本条で定めていない内容は、個別サービス内の各細部下位サービスの有料サービス約款(例:カカオ有料サービスの利用約款、Melonの有料サービス約款等)で定めるものとし、本条の内容と各細部下位サービスの有料サービス約款の内容が衝突する場合、細部下位サービスの有料サービス約款の規定に従います。
第11条(掲示板利用の商取引)
  • 皆様がサービスを利用して通信販売、又は通信販売仲介を業とする場合、電子商取引等での消費者保護に関する法律(以下、「電子商取引法」による義務事項を遵守しなければなりません。
  • 皆様が通信販売、又は通信販売仲介を行うにおいて他の利用者と電子商取引に関連する紛争が発生する場合、会社は他の利用者に消費者被害救済の代行申請を行えるシステムを設けます。
  • 会社は電子商取引に基づいて身元情報を入力する機能等を提供して皆様の身元情報を確認し、皆様と他の利用者の間で紛争が発生し、電子商取引法に従い消費者被害の紛争調整機関、公正取引委員会、市・道知事、又は市長・郡長、区長が身元情報の提供を要求する場合、それに協力します。
第12条(統合サービス利用方法及び注意点)
  • 皆様は統合サービスを自由に利用することができますが、以下の各号の行為を行ってはいけません。
    • 1.利用申請、又は変更時に偽りの事実を記載したり、他の会員様のカカオアカウント及びパスワードを盗用、不正に使用したり、他の人の名義を使用したり、名義者の許諾なしにSMS認証等を遂行する行為
    • 2.会社のサービス情報を利用して得た情報を会社の事前承諾なしに複製、又は流通させたり、商業的に利用する行為
    • 3.サービス内でダウンロード、又はストリーミングを通じて提供を受けた音源を私的目的で利用すること以外に公共場所及び営利を目的とする営業所、売場等で再生する方法で利用する行為
    • 4.他人の名誉を損傷させたり、不利益を与える行為
    • 5.掲示板等に猥褻物を掲載したり、猥褻サイトへのリンクを行う行為
    • 6.会社、又は第三者の著作権等その他の権利を侵害する行為(国内外の第三者の著作権などを侵害する行為で、会社がID接続のブロック等技術的な措置を取ることで他人に対する権利侵害防止の措置を取ったにも関わらず利用者が故意に、又は会社を騙す手段と方法でサービスに接続する等第三者の著作権等を侵害する行為を含みます)
    • 7.サービス内に会社や第三者に対する虚偽の事実を掲示する行為
    • 8.公共秩序及び美風良俗に違反する内容の情報、文章、図形、音声等を他人に流布する行為
    • 9.統合サービスと関連する設備の誤動作や情報等の破壊及び混乱を招くコンピューターウイルス感染資料を登録又は流布する行為
    • 10.統合サービスの運営を故意に妨害したり、安定的な運営を妨害する可能性のある情報及び受信者の明示的な受信拒否意思に反して広告性情報、又は迷惑メール(Spam Mail)を送信する行為
    • 11.会社の同意なしにサービス、又それに含まれたソフトウェアの一部を複写、修正、配布、販売、譲渡、貸与、担保提供したり、他人にその利用を許諾する行為とソフトウェアを逆設計したり、ソースコードの抽出を試みる等サービスを複製、分解、又は模倣したり、その他変形する行為
    • 12.他人に偽る行為及び他人との関係を不実に明示する行為
    • 13.他の利用者の個人情報を収集、保存、公開する行為
    • 14.自身や他人に財産上の利益を与えたり、他人に損害を及ぼす目的で虚偽の情報を流通する行為
    • 15.財物を賭けて賭博、又は射幸行為をする行為
    • 16.売春行為をあっせんしたり、淫行を勧誘する内容の情報を流通する行為
    • 17.羞恥心や嫌悪感、又は恐怖心を誘発する言葉や音響、文章や画像、又は映像を継続して相手に到達するようにして、相手の日常的生活を妨害する行為
    • 18.関連法令によりその転送、又は掲示が禁じられた情報(コンピュータープログラムを含む)の転送、又は掲示する行為
    • 19.会社、又は関係会社の職員や運営者に偽ったり、詐称して、又は他人の名義を盗用して文章を掲示したり、Eメール、KakaoTalkメッセージ等を送信する行為
    • 20.コンピューターソフトウェア、ハードウェア、電気通信デバイスの正常的な稼働を妨害、破壊する目的で工夫されたソフトウェアウイルス、その他のコンピューターコード、ファイル、プログラムを含む資料を掲示したり、Eメール、KakaoTalkメッセージで送信する行為
    • 21.ストーキング(stalking)、虚偽、又は悪意的な申告の乱用等他の利用者をいじめる行為
    • 22.1ヵ月以内に統合サービスに登録及び有料サービスを購入後に再度解約する行為を2回以上繰り返す等統合サービスを不正に悪用する行為
    • 23.その他の現行法令、本約款及び会社が提供するサービスに関連する細部指針を違反する行為
  • 皆様はサービスの利用権限、その他利用契約上の地位を他人に譲渡・贈与することができず、担保として提供することができません。
  • 皆様の資格、或いは年齢により以下の各号のように統合サービス利用の一部が制限されることがあります。
    • 1.満19歳未満の利用者は(但し、満19歳に到達する年の1月1日を迎えた者は除く、以下この条において同じ)情報通信網法及び青少年保護法の規定に基づいて青少年有害媒体物は利用することができません。
    • 2.青少年有害媒体物を利用するためには、満19歳以上である必要があり、情報通信網法及び青少年保護法の規定に基づいて実名認証を通じて本人及び年齢認証をもらう必要があります。認証をもらわない場合は、該当サービスの利用が制限されます。
  • 万が一、皆様が関連法令、会社の全ての約款、又はポリシーを遵守しない場合、会社は皆様の違反行為等を調査することが可能であり、該当掲示物等を削除、又は一時削除したり、皆様の統合サービス全体、又は統合サービスを構成する一部個別サービスの利用を一時、又は継続して中断させたり、統合サービスの再登録や一部個別サービスの再利用に制限を置くことがあります。
  • 利用制限は違反事項の累積回数により一時的な制限から永久的な制限まで段階的に制限することを原則としますが、わいせつな内容の掲示と流布及び射幸性賭博の広報等関連法令で禁止する明白な違法行為や他人の権利侵害として緊急な危険、又は被害遮断が要求される事項に対しては違反活動回数の累積程度と関係なく即時永久的に利用が制限されることがあります。
  • 本条で定める事項及びその他に統合サービスの利用に関する詳しい内容は カカオ運営ポリシー 等をご参考ください。
第13条 利用契約の解約
  • 皆様がカカオアカウントから退会した場合、統合サービス利用契約も自動で解約されます。
  • 統合サービス利用契約の解約を希望する場合、皆様はいつでもサービス内で提供されるメニューを利用して利用契約の解約を申請することが可能であり、会社は、法令の定める規定に従い迅速に処理します。
  • 利用契約が解約されると、法令及び個人情報処理方針により皆様の情報を保有する場合を除いて皆様のカカオアカウント情報及びカカオアカウントで利用した個別サービスのデータは削除されます。但し、皆様が作成した掲示物が第三者によりスクラップ、又は他の共有機能で掲示されたり、皆様が第三者の掲示物にコメント等の掲示物を追加する等の場合は、該当掲示物及びコメントは削除されないため、必ず利用終了前に削除してください。
  • 前項により皆様が削除しなかった掲示物は他の利用者の正常なサービス利用のために必要な範囲内で統合サービス内で削除されずに残されることになります。
  • 有料サービス利用契約の解約は、皆様の有料サービス利用契約の解約申請及び会社の承諾により成立することになり、払戻し金額がある場合は払戻しも行われます。但し、各細部下位サービスの有料サービスで本約款と異なる契約解約方法及び効果を規定している場合は、各有料サービス約款及び関連の細部指針で定めた所によります。
  • 統合サービスを構成する一部個別サービスの場合、一定期間の間に該当個別サービスを利用しない場合は皆様の情報を破棄したり、分離保管することが可能であり、又は該当個別サービス機能の一部、又はすべてを利用できないように制限することができます。詳しい内容は個別サービスの細部指針からご確認ください。
  • 統合サービスの利用契約が解約された場合でも皆様はもう一度会社に対して利用契約の締結を申請することができます。但し、皆様が関連法令、本約款及び細部指針を遵守しなかったためにサービスの利用が中断された状態で利用契約を解約後にもう一度利用契約の締結を申請する場合は、統合サービスの登録に一定期間の間時間的制限があることがあります。また、統合システムを構成する一部個別サービスの場合、再び統合サービスの利用契約を締結した後も該当個別サービスをすぐ利用することについては第6条第3項で定めるように一定の時間的制限が伴うことがあります。
第14条(個人情報の保護)

皆様の個人情報の安全な処理は、会社において最も重要な仕事の一つです。皆様の個人情報は、サービスの円滑な提供のために、皆様が同意した目的と範囲内でのみ利用されます。法令によるものであったり、皆様が別途同意しない限り、会社が皆様の個人情報を第三者に提供することは一切ございませんので、ご安心ください。会社が皆様の個人情報を安全に処理するために行っている努力やその他の詳細な事項は カカオ個人情報処理方針 等をご参考ください。

第4章 その他

第15条(損害賠償等)
  • 会社は、法令上許される限度以内でサービスと関連して本約款に明示されていない如何なる具体的な事項に対する約定や保証を致しません。また、会社はCP(Contents Provider)が提供したり、会員様が作成する等の方法でサービスに掲載された情報、資料、事実の信頼度、正確性等に対して保証を致しておらず、会社の過失によるものではない皆様の損害に対しては責任を負いません。
  • 会社は、会社の過失により皆様に損害が生じた場合、本約款及び関連法令に基づいて皆様の損害を賠償致します。但し、会社は会社の過失によるものではない以下のような損害に対しては責任を負いません。また、会社は法律上許容される限度以内で間接損害、特別損害、結果的孫柿、懲戒的損害及び懲罰的損害に対する責任を負ません。
    • 1.天災地変、又はこれに準する不可抗力的な状態で発生する損害
    • 2.皆様の帰責事由でサービス利用に障害が発生した場合
    • 3.統合サービスに接続、又は利用過程で発生する個人的な損害
    • 4.第三者が違法で会社のサーバーに接続したり、サーバーを利用することで発生する損害
    • 5.第三者が会社のサーバーに対する送信、又は会社のサーバーからの送信を妨害することにより発生する損害
    • 6.第三者が悪性プログラムを送信、又は流布することにより発生する損害
    • 7.送信されたデータの省略、漏れ、破壊などにより発生した損害、名誉棄損等第三者がサービスを利用する過程で発生した損害
    • 8.その他会社の故意、又は過失のない事由により発生した損害
  • 会社は皆様が統合サービスを利用して期待する収益を失ったことに対して責任を負わず、その他に統合サービスから得た資料による損害等に対しても責任を負いません。
  • 会社は会社の過失のない限り皆様相互間、又は皆様と第三者の間に統合サービスを媒介に発生した紛争に対して介入する義務を負わず、それによる損失を賠償する責任も負いません。
第16条(青少年保護)

統合サービスは基本的に全ての年代が自由に利用できる空間として有害情報から青少年を保護し、青少年の安全なインターネット使用をサポートするために情報通信網法で定めた青少年保護政策を別途実施しており、具体的な内容は統合サービスを構成する個別サービスの初期画面から確認することができます。

第17条(通知及びお知らせ)

会社は皆様との意見交換を大事に思います。皆様はいつでも 顧客センター に訪問して意見を開陳することができます。サービス利用者全体に対するお知らせは、七(7)日以上 サービスのお知らせ に掲示することで効力が発生します。皆様に重大な影響を及ぼすサービスの変更事項や終了は、カカオアカウントに登録されたEメールアドレスにEメール(Eメールがない場合は、サービス内の電子メッセージの送信、サービス内の通知メッセージを送信する等の別途の電子的手段)を送信、又は皆様が登録した携帯番号にKakaoTalkメッセージ、又はSMSを送信する方法等で個別的にお知らせします。

第18条(紛争の解決)

本約款、又はサービスは大韓民国の法令に基づき規定され、履行されます。サービス利用に関して会社と皆様の間に紛争が発生した場合、それの解決のために誠実に協議致します。それにも関わらず解決されない場合は、民事訴訟法上の管轄裁判所に訴訟を提起することができます。

  • 公告日付 : 2019年 6月 11日
  • 実施日付 : 2019年 6月 11日
맨위로